なぜ低出生体重児となったのか?私自身にあった3つの要因

低出生体重児の娘

低出生体重児とは2500g以下で生まれた赤ちゃん。

 

日本は出生数が毎年減少しています

しかし…

低出生体重児は毎年増加しているといいます。

 

なぜ、低出生体重児が増えているのか?

 

私は娘を1800gで出産しています

実際に私自身が低出生体重児を出産したことで、

どういった原因があるのかを調べてみました。

 

低出生体重児が生まれる主な要因とは?

 

30年前、日本の赤ちゃんの体重は平均3200gほど

小さく生んで大きく育てるなどと言いますが…

近年は30年前より200gほど減っているのが現状。

 

そして、30年前に比べ、低出生体重児が増えています

考えられる要因はいくつかあると言われています。

 

・早産

早産とは、正規産以前の週数で赤ちゃんが生まれること。

切迫早産になる原因として考えられるのは、子宮内感染や

多胎妊娠、子宮頸官無力症、子宮筋腫や子宮の奇形など。

近年、不妊治療で多胎児を妊娠することが多くなり、早産に

なりやすく、低出生体重児となるケースが多いのです。

 

・胎児発育不全

お母さんのお腹の中で、赤ちゃんの体が標準通りに発育

していかないこと。

発育遅延には遺伝的要因、母体因子、体質などの原因が

あることが分かっています。

 

瘦せ型・ダイエットが原因による低出生体重児の増加

 

最近は痩せ願望が強く、妊婦になっても痩せ妊婦が

増えてきています。

 

妊娠中であっても、ダイエット中のような食生活を

送る方も増え、妊娠前から適切な栄養が摂取できて

いないことが問題になっています

 

ただ、ダイエットするわけでもなく、元々体質的に

痩せ型である方も多いことは事実。

 

私自身も食べても太るタイプではありませんでした。

お腹の中の赤ちゃんのために、栄養はしっかりと摂り

たいと思い、食事には気を付けていました。

 

しかし、妊婦にもかかわらず、体重は思ったよりも

増加しなかったのです。

 

早産になり、我が娘が低出生体重児となった原因の

一つかもしれません。

 

BMI値で把握する妊娠中の痩せすぎママ管理

 

望ましい体重の増加量を確認するためにも、自身のBMI値を

把握しておくことはとても大切です。

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

BMI 肥満度
18.5未満 痩せている
18.5以上~25.0未満 標準
25.0以上 太っている

 

私の妊娠前の体重は48kg、身長は160cm

この時点で、私のBMI値は18.74

18.74なのでギリギリで標準に入っていました。

 

しっかり栄養管理していかなければ、痩せすぎ妊婦になること

になってしまいます。

 

しかし、しっかり食べていても、体質的に太らない身体という

こともあります。

 

妊娠週数別に理想のBMI値を見てみましょう。

週齢 BMI下限 BMI上限
~16週 18.5 23.7
~20週 19.3 24.3
~24週 20.0 25.5
~28週 20.6 25.8
~32週 21.5 26.5
~36週 22.2 27.0
~40週 22.7 27.9

 

体重増加が7kg未満の場合、低出生体重児になるリスクが高い!

 

日本では日本7~8kg増、増えても10kgまでをめやすにと

している産院が多いと言われています。

 

どうして、理想は7~8kgと言われているのでしょう。

それは・・・

赤ちゃんと妊娠中に必要な蓄えなどで7kgは増えるから!

 

・赤ちゃん 3kg

・羊水   800~900g

・胎盤   500~700g

・血液量  1kg~1.5kg

合わせて7kg程度になるというわけです。

 

厚生労働省の資料に気になる文書がありました。

『妊娠前の体格が「低体重(やせ)」や「ふつう」であった

 女性で、妊娠中の体重増加量が 7kg 未満の場合には低出生

 体重児を出産するリスクが有意に高いことなど、新たな知

 見も報告されてきている』

 

体重が増えすぎの太りすぎ妊婦さんにもたくさんのリスクが

ありますが、だからといって痩せすぎ妊婦さんにも大きな

リスクがあると考えなければなりません。

 

出産時にどれくらい体重が増えているのが理想なの?

 

栄養をしっかり摂りながらも、体重の増えすぎは良くあり

ません。

赤ちゃんのためにも妊婦さんは体重管理が大変★

 

出産までにどれくらいの体重増加が理想なのか…

妊娠初期(妊娠5ヶ月頃まで)の体重増加は、1kg程度

妊娠中期(妊娠8ヶ月頃まで)の体重増加は、4kg程度

妊娠後期~臨月(出産頃まで)の体重増加は、2kg程度

 

あくまでも理想ですが、なかなか壁が高いように思います。

どんどん体重が増加してしまう方もいれば、私のように

食べても食べても、体重はあまり変わらない場合も。

 

娘を出産する妊娠33週の時点で私の体重は3kg増。

妊娠33週は9ヶ月頃に当たるので、体重は4kgは増えて

いて欲しかったのですが…

 

高齢出産、前置胎盤、そして痩せ妊婦。

他にも原因はあるかもしれませんが、私が低出生体重児を

出産した要因が含まれていたように思います。

 

タイトルとURLをコピーしました